はままつぐし

P1052996

浜松で、明治から続く櫛屋の四代目。
江戸時代からの技法を受け継ぐ、県内でただ一人の櫛職人。
三代目である父鉄男さんは、浜松市無形文化財で、白洲正子著「日本のたくみ」に紹介された。現在の材料は、九州指宿産のつげ材、檮(いすのき)などを用いる。

松山順一(中区元目町)