勝坂神楽

katsusakashishi3
 
 
 
 
400年余の伝統を受け継ぐ神楽舞。天下泰平、五穀豊穣、子孫繁栄を祈る。毎年10月下旬、過疎化がすすむ勝坂集落では、村をあげて祭が行われる。二つの神社の神前では神楽獅子舞が、各神社への移動中には道中舞が奉納される。

katsusaka1
 
 
 
 
 
神楽舞は男子に限られ、獅子頭を被る者、花笠を被る者すべてが化粧して色鮮やかな女物の着物をまとう。大石進さんは口歌と太鼓を担う。
勝坂神楽保存会(大石 進)